接下去是一篇很独特的书籍推荐日文美文美句:《偶遇像“咖啡”一般的恋爱小说》,详尽內容以下,和出国留学网网编一起来感受一下吧~

  偶遇像“咖啡”一般的恋爱小说

  かつてはコーヒーがあんなに很大きだったのに、

  近期は、少し控えめにするようにしている。

  飲むとなぜか、ときどき胸が苦しくなってしまうのだ。

  それは、僕の胸を別の寓意で苦しめ、切なくさせる。

  なぜならコーヒーと、めぐるシーンのことを、

  今でもたまらなく愛しているから。

  我就是那麼地喜爱喝咖啡,近期却稍微操纵了一下。有时候喝过之后,不知为什么,总感觉胸脯很不舒服。那就是我的心里在另一种实际意义上的烦闷和忧伤,由于到目前为止我仍没法抑止地爱着咖啡及紧紧围绕其的各种各样情景。

  コーヒーは、

  ケンケンガクガクと議論が飛び交う場に似合うし、

  ゆるゆるだらだらと他愛のないおしゃべりにも似合う。

  コーヒーを飲んでいると、

  ささいなディテール(人の耳の後ろのうぶ毛とか)に

  じっと目を凝らしてしまう超リアルなところに、

  やたら集中力が高まることもあれば、

  よんどころなき妄想をほわほわとふくらませる時もある。

  コーヒーを飲むことで、

  やわらかでリラックスした空気に包まれながら、

  ほろ苦な刺激性も感じさせてくれる。

  咖啡,和猛烈的争执、硝烟弥漫四起的场景合作,也和悠闲自在、毫无顾忌的闲谈般配。喝着咖啡,零碎的关键点(连人耳后的胎毛哪些的,都是超真实地凝目而视),假如过度注意力不集中得话,冲着没有什么可科学研究的地区肆无忌惮妄想的情况下都是有的。喝咖啡的情况下,被温和的松驰氛围所包围着,也可以觉得到略微苦味的味道。

  醍醐味は、一見反过来するように感じる因素が

  複雑にブレンドしているところ。

  それはすなわち、コーヒーという飲みものが

  命运的にたずさえた特長でもある。

  ほら、味も甘かったり苦かったり酸っぱかったりするし、

  功效だって、覚醒功效とリラックス効果、

  両方の効用もあったりするでしょ。

  なんとも一筋縄にはいかない、予定調和じゃないところに、

  ぐっとなってしまうのだ。

  咖啡的奇趣取决于可以体会到其彻底反过来的多面性因素、及混和起來的繁杂感。换句话说,咖啡这类健康饮品拥有 难能可贵的命运感。你瞧,味儿甜中有苦,苦含有酸;功效而言,也拥有 醒神和释放压力两层面的作用。如何也并不是非常容易应对的混蛋,事前不融洽好得话,是会被吓住的。

  そして、つい先日、まさに極上のコーヒー的な

  甘くて、苦くて、一筋縄ならない恋愛小説に出合った。

  文学家は「舟を編む」で本屋大賞をとり、

  今や時の人となった、三浦しをんさん。

  「きみはポラリス」というタイトルに収録されている、

  「私たちがしたこと」という短編だ。

  因此就在前几日,正逢绝品咖啡般又甜又苦、非同一般的恋爱小说。创作者要以《编舟》得到本屋巨奖、变成时下活跃性角色的三浦しをん老先生。这书以《你也是北极星》之名、网站收录了短片小说《人们做过的事》。

  物語の演出舞台はとあるカフェ。ここで働く女士が、

  ランチで来た常連の男士客を凝視するところからはじまる。

  注文を取るとき、彼のTシャツの襟からのぞく、

  首の付け根の骨が気になり、妄想をふくらませる彼女。

  小故事的演出舞台是一家咖啡店,在那边工作中的女生,凝望一位午饭时间常到的男消费者,事儿从而进行。女生在为他点餐的情况下,从他短袖的衣领偷看,在乎着颈部下的人体骨骼,妄想無限澎涨。

  何気ない平时の中、誰かの頭の中で

  そっと繰り広げられる、ちょっとマニアックな妄想。

  こういうシチュエーションが很大物の僕は、

  これから主人翁と彼がどうお近づきになるんだろうと

  希望に胸をドキドキさせながら読み進める。

  在潜意识的生活起居中,谁的记忆里都会有悄悄不断、小小的疯狂的妄想。针对十分喜爱这类情景的我而言,主人翁此后怎样与消费者贴近,心里砰砰着抱有希望地再次阅读文章。

  ……だが、これがメインのエピソードではなく、

  場面はサクッと、幼なじみの友だちとの会話に転換、

  高等院校時代に付き合っていた彼の話題となったかと思うと

  シーンは、一気に当時の回忆へとさかのぼる。

  そうして物語は二重、三重にと複雑に展開していき、

  ついには、アゴが外れるかというほどの

  衝撃の「密秘」へとなだれ込んでいく。

  ……殊不知,这并非关键的小故事,界面忽然变换到女生与两小无猜的盆友的谈话内容中,聊到了学生时代相处的男友的话题讨论,情景一下子追朔起当初的追忆。然后,小故事顺藤摸瓜、逐层繁杂地屈伸起来,最后,令人吃惊的“密秘”纷至沓来。

  これは、決してサスペンスではない。

  読後感は、やっぱり恋愛小説のそれに近い。

  なぜなら、そこにたっぷりと感じるのは、

  思いあふれて崩壊した、苦く切ないほどの「愛」だから。

  这书决不是悬疑小说,念完后觉得果真還是和恋爱小说较为贴近。原因是在书中体会到回忆满满的奔溃,苦味、悲切的“爱”。

  ちょうどこれを読んでいたのは、

  僕が、近期好きでよく通っているカフェだった。

  一気に読み終えて、あまりのおもしろさに打ちふるえ、

  その日は珍しくコーヒーを注文した。

  读这这书的情况下,恰好是在我近期钟意常去的咖啡店。一口气念完,被这书的奇趣深深地触动,因此那一天难能可贵的点到了一杯咖啡。

  大量美文赏析敬请期待出国留学网小语种专业阅读文章频道!

  阅读推荐:

  德语美句鉴赏:花

  法语阅读文章:《干万不要说这九句话》

  西语美文赏析:《再五分钟》

热搜词